jeyseni's diary

「ジェイセニ」と呼んでください。

タバコを吸いながらの会話はやめられるのか

筆者はタバコを吸わないので、喫煙する方が近年は肩身の狭い思いをしていることに対してはお気の毒様と思うに過ぎないのだが、たまたまある喫煙所の近くを通りかかって気がついたことについてコメントしたい。

 喫煙所はタバコを吸うための場所かと思っていたのだが、どうも交流場所にもなっている様子である。知り合いはもちろん、知らない人どおしでも、世間話をしている。

 タバコを吸う際は、マスクを外す。外したまま世間話をしている。しかもかなり近接した場所である。

 マスク会食はなかなか難しいと筆者は思うが、それでも15分ぐらいをご飯に集中すればマスクなしでも食事はでき、その後の会話も15分ぐらいすれば十分だと思う。しかし、マスク喫煙はできない様子で、タバコを吸いながら、煙をくゆらせながら会話に興じているように見える。

 同病相憐れむなのかもしれない。都内でも喫煙できる場所はどんどん少なくなってきている。アルコールを提供している飲食店でも、タバコ制限をするケースも増えている。どうにも行き場所がなくて気の毒なのだが、この際、喫煙もやめてはどうだろう。

 新型コロナウイルス感染で重症化したり無くなったりする人の中での喫煙の影響についての報告がないが、呼吸器系の抵抗力や肺炎リスクなどからすると、喫煙者の重症化率や死亡率は高くなるのではないか。

 筆者は昨日たまたま高齢者向けの肺炎球菌ワクチンの接種を受けた。おそらく新型コロナウイルスへの抵抗力とは関係がないのかもしれないが、誤えん性肺炎のリスクも否定できないため、迷うことがなかった。

 新型コロナウイルス対応ワクチンの接種が高齢者の受付が始まったが、医療関係者への接種も地域ではまだ10%しか進んでいないという。結局、東京の政治に近い医療関係者に集中しているのではないのか。ここでも無管理、無法がまかりとおっているようだ。

「控えて」は「やめて」という意味ですが

人間は、都合のいい意味に言葉を解釈する。最近では、車内放送で「マスクを着用し、会話はお控えください」とアナウンスされている。

 良識がある人は、会話によるマイクロ飛沫が飛ぶのを心配して「会話はしないでください」という意味に解釈する。しかし、「ほどほどならいい」と解釈してずっとしゃべっている人がいる。一言でやりとりが完了するような会話ならいいが、止まるところを知らない。

 アルコール入っていると、さらにボリュームは上がり、マスクがアゴマスクになって、しゃべり続ける。こうなると、注意すれば逆襲にあう。黙って他の車両に移るのが賢明ということになる。

 「控える」という中途半端な言葉を使うのが問題なのだが、「禁止」すると言えないのは法律がないからである。せめて「会話はご遠慮ください」の方が抑止力があるように思う。

 「喫煙はお控えください」「飲食はお控えください」と書いてあって、タバコや飲食をする人はいない。たから「会話はお控えください」で大丈夫だと思ったのだろうか。今すぐ、「会話はご遠慮ください」あるいは「会話はしないでください」と言い換えるべきだろう。

 結局、言葉を都合のいいように解釈したから、役人も医療関係者も気が緩んだのではないか。学生さん、カラオケ好きのおじいちゃん、どうですか。

どの対策も中途半端な気がする

新型コロナウイルスの対策では,PCR検査による陽性者の確認,マスク着用による飛沫飛散の防止・軽減,手洗い・アルコール消毒による接触感染の防止,人と人との接触・接近を図るソーシャルディスタンシング,換気,積極的疫学検査による濃厚接触者の追跡調査がまず行われた。

 緊急事態宣言での店舗の時短営業,飛沫飛散を防止するパーティションの設置,換気設備や定期的な換気,県境を超える移動の自粛要請が行われた。

 いよいよワクチンが供給できるようになったものの,供給数の確保,接種の順序,方法,場所の管理が十分にできていない。対象者に通知カードを送りつけて,該当者が電話やWebで予約を取る,という方法で,大混乱が起きている。

 海外では,人の移動を徹底的に制限する「ロックダウン」が各国で断行された。経済活動はゼロにまで落ち込んだが,感染拡大を止めることはできなかった。同じ時期,日本での感染拡大が限定的だったことから,日本の習慣であるマスク着用と手洗い・アルコール消毒を導入した。海外では「義務化」された。WHOも推奨した。

 1日の感染確認者数が数万人と,日本の10倍以上あった各国で,ワクチンの接種が進み,感染確認者数が1日数百人レベルまで下がった。短期間で徹底的にワクチン接種を進めており,国民全体への接種が1ヶ月程度で終わる勢いである。

 一方,日本は,ロックダウンはできず,移動自粛要請にとどまった。営業自粛もお願いレベル。外出禁止令もなし。緊急事態宣言も1ヶ月が2ヶ月,2ヶ月2週間とダラダラと延長され,国民の気持ちが疲弊し,ダラケてきたころに解除になった。気持ちの緩みが一気に解放され,再び感染拡大が始まった。今度は緊急事態宣言ではなく,「重点措置」。地域,業種を限定して営業規制をする方法だが,人の流れは抑えられない。マスク着用や手洗い・アルコール消毒は,ほぼあらゆる店舗や事務所で完璧に近いほど励行されるようになっているのに,なぜ感染拡大がまた始まったのかを考えると,マスクなしで長時間,接近して会話をする「多人数による会食」「多人数によるカラオケ」が元凶と考えられる。

 しかし,「マスク会食」は賛否両論。できる,という人と,できない,という人がいる。筆者も「できない」派である。したがって,食事の間は喋らずに黙々と食べ,食後にまとめて会話する,というメリハリを推奨する。

 さらに「アルコール」が入ると,人は自分をコントロールできなくなる。マスクなし,大声,長時間滞在が当たり前になる。それが感染拡大の原因である。

 PCR検査を徹底的にする提案は,1回目の緊急事態宣言の後に行った新型コロナウイルスの空気感染の可能性について-PCRスクリーニングをより綿密に - jeyseni's diary (hatenablog.com) 2020/7/8。PCRで陰性の人だけを一定のエリアに限って,経済活動を普通のように行える「ホワイト・ロックダウン」の提案も同時期であるホワイト・ロックダウンの実施を - jeyseni's diary (hatenablog.com) 2020/7/9。いまになって,全員PCR検査や山梨モデルなどで少しずつこれに近い対策が実施され,効果を上げ始めているように思う。すべてが遅いのが日本である。

 ワクチンの接種率の向上に伴って,感染確認者数が劇的に減っているのが,イラクやイギリス,アメリカである。日本は,自前のワクチン評価も行わず,海外の接種後の副反応の様子などを様子見している間に,供給を受けるのが先進国の中で最も遅くなっている。まず医療関係者向けに4万人からスタートし,段階的に高齢者,一般者と進めるのだが,仮に最初から1億人分のワクチンが届いても,接種態勢が全く整っていなかったろう。アメリカのようにアメリカンフットボール会場で1日2000人接種できるなどの態勢は,いまだに考えられていない。

 法律を変えることもできない。取り締まりの強権発動もできない。大号令もない。国と自治体と医療専門家が「話し合って」「妥協点を作って」お互いに責任のなすりつけ合いをしているように見える。いや,だれも責任を取らない。独自モデルを進めていた大阪ですら,国に助けを求めて重点措置の適用を依頼した。

 ワクチン接種のための個人認証の仕組みもないまま,ワクチンの本格供給も始まらず,その間に第四波がどこまで拡大するのか,本当に憂慮している。飲食店,カラオケ店を集中的に対策点検して認証を与える山梨モデルを全国の自治体が実施し,経済活動のレベルを上げつつ,感染リスクを下げること,そしてもう1段階厳格な自粛としての「店でのアルコール提供の禁止」を徹底的に実施し,ワクチンの本格接種が始まるまで続けることを提案したい。

Google Voice Accessでクルマの中からLINEメッセージ発信に成功

クルマを運転中に,メールやメッセージを送れないか,とずっと思って,Googleアシスタントで試してきた話と,Google Voice Accessを使ってみる話を紹介した。

Google Voice Accessが面白いが悪戦苦闘中 - jeyseni's diary (hatenablog.com) 2021/3/25。近所への買い物で一度実験したが,助手席に置いたスマホでは音声を認識してくれなかった。マイク付きのイヤホンを試そうとしたが,有線だと腕が引っかかってしまう。インナーイヤータイプでBluetooth接続できるマイク付きヘッドセットが一般にハンズフリー電話用に販売されているが,電話はしないのでこれもうまくない。

 助手席ではなくて,もっと口の近くにスマホを置ければいいが,と思っているうちに,何日も経過してしまった。

 たまたま,片道45分ぐらいのやや長距離の運転の用事があった。普段,買い物で使う道より細いので,交通量が少なかったのか,Google Voice Accessがうまく反応した。

 デスクトップ画面から,「メール」→「LINE」→「○○家」と音声で命令すると,フォルダを順次開け,アプリを開き,トークの入力位置がアクティブになった。「これから帰宅します。」と音声を送ると,テキスト入力が完了。「送信」と音声命令すると,見事に送信された。最後に「ホーム」と音声命令すると,トップ画面に戻った。返信が来たので,同じようにトークを開いて内容を確認し,これにまた音声でテキスト入力して返信もできた。「今,音声認識で入力して,ボタンを触らずに送信した」とメッセージを送ると,家族が「へぇ」っと感心してくれた。

 もちろん,運転には集中している。切り替わる画面をちらっと見て確認する程度。カーナビの画面の情報を確認するような感じである。ハンドルから手を離さずに機能させられた。要はこの「LINEによるメッセージ送信をハンズフリーでやりたい」というニーズだけを求めていたので,大満足である。

 あいかわらず,手持ちのスマホでは数字表示モードが働かず,画面に文字がない操作ができない。「ホーム」と音声命令して,トップ画面に戻るのが精一杯である。それでも,音声のテキスト化とともに,スマホでの音声認識の大きな進化だと思う。クルマの中以外にも,台所で料理をしているときなどに,うまく使うといいだろう。

 

やはり「山梨モデル」が現状ではベストと思われる

2021/4/11から5/11まで東京,京都,沖縄に蔓延防止等重点措置が適用された。1週間早く適用になった大阪,兵庫,宮城と同様,市単位での「重点的適用」となった。これによって,武蔵野市が適用,三鷹市が不適用となったことから,JR三鷹駅の北口側の武蔵野市は適用,南口側の三鷹市が不適用になった。

 繁華街としては,南口側の方が店舗数も多くにぎやからしい。このために,適用の基準についての小池都知事の説明がまどろっこしいし,地元でも困惑が深まっているという。

 自由主義社会である。知恵を使い,身体を動かし,お客様に喜んでいただいて売上を伸ばす,従業員も生き生きと働ける職場を作る。働く側もお客様も,双方がWin-Winの関係にあってこそ,正常な発展が期待される。新型コロナウイルスが原因とはいえ,この経済活動を基本的に否定する「緊急事態宣言」や「重点措置」はアメでムチのうちで営業を縮小する,自粛を余儀なくさせるというムチを打ちながら,協力金というアメの配布が遅れているために,結局は倒産へと結びつく,あるいは不正受給などの犯罪を招く事態になっている。

 営業が継続できるための対策を指導して認定し,状況を継続観察し,利用者からの指摘もできる態勢を作った「山梨モデル」山梨県を皮切りに「ホワイトゾーン」を拡大する構想 - jeyseni's diary (hatenablog.com) 2021/4/7 が,現状ではベストな方策に見える。三鷹市武蔵野市も,感染拡大防止対策を認定した店舗だけに営業継続の許可を与えて,感染拡大防止と経済活動の継続を続けるような仕組みを,各地で導入すべきではないのだろうか。単に時短,自粛ではもう店側も持たないし,行政側もサポートできないと思われる。

ワクチン2回接種を管理できるのか

日本での新型コロナウイルス対応ワクチンへの取り組みを見ると,まるでお正月や節分の行事である「餅撒き」をイメージしてしまう。集まった群衆に向けて舞台から餅を撒き,これを群衆が我先に手を伸ばして奪い合う。

 だいたいこの行事を見ていると,群衆のそれぞれの心理が分類される。多くは楽しみながら順番を待って自分のところに餅が届いたらこれをありがたくいただくのだが,中には,右も左も前も後ろもと手を動かして他の人のところに撒かれた餅も取ってしまう人が必ずいる。もっと面の皮の厚い人は,手ではなく帽子や風呂敷を広げて,ごっそり持っていってしまう。決して取れなかった人に分けてあげることはない。

 また,地面に落ちた餅に対する態度も人それぞれである。もともと,地面にも落ちることを想定してお包みにしてあるのだが,落ちた餅を決して拾わないばかりか,踏みつける人もいる。大事そうに拾おうとする人を突き飛ばす人も出てくる。こうなると,楽しさは白けムードとなってしまう。

 ワクチン接種の電話予約,ネット予約は,まさにこの餅撒きと同じである。撒く側は,要するに「誰が拾っても構わない」状態である。手を伸ばした人が勝ち,ということになる。手を伸ばすことが難しい,あるいは遠慮がちになってしまった高高齢者が,予約できないことになる ワクチン接種対象者16万人に対して1900人分のワクチン--高高齢者が取り残される懸念 - jeyseni's diary (hatenablog.com) 2021/4/7。

 今回のワクチン接種のもう一つの問題点は,一定の間隔を置いて速やかに2度目の接種をすることが推奨されている点である。ファイザー社のワクチンの場合,3週間,約20日間の間を置いたあとなるべく速やかに2回目を打つことが推奨されている。1回目のワクチン接種で形成された抗体が1ヶ月程度で効き目が薄れるのに対し,20日を開けての2回接種でできた抗体は6ヶ月以上の効果があるとされているからである。

 とすると,たとえば八王子市の場合,最初に接種の予約ができた1900人は,5月には2回目を受けることが必要になってくるが,そのときに残りの16万-1900人は,1回目の接種が受けられているのかというと,まず無理なのではないか,という気がする。最初に餅を取れた人が生き延び,残りの人が飢え死ぬという不公平が生じる。

 筆者は1900人を,たとえば85歳以上の高高齢者にまず限定して,その中で受け付ける方法を提案した。また,通知番号の下1桁で順次受け付けることで受付の混乱を避ける方法を提案した。しかしこれは,1回目の接種には有効だが,この方法でバラバラに受け付けたあと,正しく2回目の接種ができるのか,というところに大いなる疑問を感じる。

 1日に1会場で100人のワクチン接種ができたとする。単純計算では,1900人なら19日で完了するので,20日後に次のワクチンが入荷していたら,続いて接種ができる。しかし,物事はそう簡単ではない。1900人がこの19日間に均等に予約をしてくれるわけではない。おそらく2ヶ月ぐらいの間にバラけて予約が入ることになるだろう。そうすると,1日当たりの接種件数が,10人しかない日もあれば150人も集中する日も出てくるだろう。また20日の間隔を空けてすぐに2回目を接種することもできない。人によっては1ヶ月以上間が空いてしまうこともあるかもしれない。すると,ワクチンによる抗体の効果が十分に持続せず,感染リスクを低減できなくなる可能性もある。

 つまりこれは,民主主義,自由主義という名の元の無管理主義,無法主義である。筆者が選挙管理方式を提案してきた ワクチン接種は「選挙投票方式」で行政が管理して実施してほしい - jeyseni's diary (hatenablog.com) 2021/1/15。公平に,滞りなく,接種を進めるためには,接種日と場所を行政側が指定するのが適切だと思っているからだ。選挙と同様,その日に行けないのならば,“期日前接種”を市役所で受けるようにする。当日接種は100%であることが望ましいが,“投票率”50%ならあらかじめ倍の人数をその日に指定すればほぼ100%の接種率になる。ワクチンのムダもなくなり,日数のムダ,接種担当の医療関係者の時間的なムダもなくなる。

 すでに,戸籍原本や住民票をベースに国民全体を数字で把握するマイナンバーが機能しているので,正直,マイナンバーをベースに各自治体で接種順序を決め,場所と日時を決めて連絡してはどうか。自治体によって事情が異なるので,たとえば介護施設単位でまとめるとか,年齢で区切るとか,名前のあいうえお順にするとか,住民の都合によって考えればいい。施設ごとに,該当者のマイナンバーは管理しているだろうから,それを使えば漏れもない。

 ワクチン接種については,「ワクチン接種円滑化システム(V―SYS)」というのが厚労省から提供されているコロナワクチンナビ | 厚生労働省 (mhlw.go.jp)。これは市民向けの画面だが,医療関係者向けには,ワクチン接種のために一日に可能な人数や施設の状況などを登録し,一日の接種数や廃棄数などの情報を入力して,毎日報告する仕組みで,ワクチン接種の進行状況を厚労省が日々把握できるようになっているようだが,いきなり不具合が起きている。しかもこれは役所が統計を取るために医療機関に日報の数字を入力させるためのシステムで,これを元に円滑に何をしようというのか,不明である。

 マイナンバーカードの登録はまだ遅々として進まないが,マイナンバーはすでに実現しているのだから,これをベースに管理しないと,おそらく2回目の接種がグチャグチャになるような気がする。せっかく健康保険証代わりに使おうと進めているのだから,1回目接種の内容の登録(日付,場所,ワクチンのメーカー名,アナフィラキシーの有無,そして問診票に記入する持病の内容など)をし,これに基づいて2回目の接種をきちんと案内できる仕組みが,いまの状況だとアナログな紙ベースでしか管理できず,かならず間違いが起きると思っている。すぐにシステムを構築すべきだろう。

両刃カミソリシェーバー,おもしろい

両刃カミソリシェーバーも進化した様子 - jeyseni's diary (hatenablog.com) 2021/2/22と,久しぶりの導入について報告してから2ヶ月が経過した。洗面台の同じところに立ててあったこれまでの3枚刃のカミソリをそろそろ処分して,これからは両刃カミソリシェーバーだけで行こうかと思い立ち,3枚刃のカミソリを最後に捨てるつもりで使ってみた。

 「なるほど,こんな違いがあるんだな」と思ったので,書いてみようと思う。

 まず安全性。両刃カミソリは,手できちんと支えて刃の角度と剃る方向を定めてからまっすぐに動かさないと,肌を傷つける可能性があることを改めて感じた。3枚刃カミソリは,刃先が肌に対して適切な角度になる面ができており,しかも首振り機構のおかげでこの角度が肌に対して常に適切に保たれるようになっている。したがって,かなり乱暴に動かしても肌を傷つけることはほとんどない。

 実際,両刃カミソリにしてから1度,久しぶりに肌を傷つけてしまった。3枚刃カミソリでは,おそらく一度も傷つかなかったように記憶している。だれが使っても肌を傷つけることなく,深ゾリが効くという意味では,現在の3枚刃カミソリなどは実に優れていると感じた。両刃カミソリが「大人のカミソリ」と呼ばれる所以である。

 次に剃り味。最近の理容店では,エイズ騒ぎ以降,単刃カミソリを使う店が減っているように思う。使うとしても,お客様一人あたり使い切りで3枚刃カミソリなどを使っているお店が多いように思う。さらに,カットのみで,シャンプーも顔剃りもないチェーン店が増えたこともあり,単刃カミソリを経験したことのない人も多いだろう。また,男性でも美容室に行く人が増えた。当然のごとく美容室ではヒゲソリがない。

 両刃カミソリの剃り味は,単刃カミソリの剃り味に極めて近い。カミソリを肌に沿って動かすと,ヒゲが刃に当たって,それが切れていく感じが肌にも感じるし,音でも感じられる。ジョリジョリというヒゲが切れる音がする。同じ場所を数回繰り返して剃るうちに,ヒゲに当たる感触や音がなくなり,スムーズになったことが実感できる。剃ったあと,手で肌に触れると,剃る前にジョリジョリとヒゲが手に当たっていたのがツルツルになったことがわかる。

 一方,3枚刃カミソリは,刃がヒゲに当たるという感覚があまり感じられない。面白いことに,剃った後は実にきれいにヒゲがなくなっており,同じ場所を何度も繰り返し剃る必要がないほどである。手で触ってもヒゲは感じられない。知らない間に剃れてしまったという感じである。これはこれでありがたい。

 手元にある3枚刃カミソリもまだ数回は使えそうなので,両方のいいところを感じながら使っていきたいと思う。しかし,手持ちの3枚刃カミソリは替刃がちょうどなくなっているので,これが最後になるかもしれない。

 というのも,両刃カミソリの替刃を大量に購入してしまったからである。ただでさえ安いのだが,1枚あたりの価格が普通の1/3というオススメの替刃が紹介されていたので,またポチッとしてしまったからである。その数が全部で100枚。月に1枚ずつ使っても約10年は使える勘定になる。本体は,途中で別のを試してみるかもしれないが,替刃はそのまま使える。互換性を気にしたりしなくて済むのも,両刃カミソリのいいところである。プラスチック部品を使っていないので,環境にも優しいかなと思ったりする。