jeyseni's diary

「ジェイセニ」と呼んでください。

新型コロナウイルス-ワクチン

ワクチンパスポートではなくPCR検査陰性パスポート

ワクチンパスポートの話題が2021年2月20日ぐらいから盛んに報道されている。新型コロナウイルス対応ワクチンを接種していることを条件に,入国許可したり,移動許可したりできる仕組みである。アメリカ,EUほか,イスラエルも始めている。接種がまだ進んでい…

普通のワクチンも開発してほしい

「富山で新型コロナウイルス対応ワクチンで蕁麻疹、日本で初」。やはりこの手の報道が出てきた。そして、これをこれでもかと取り上げる。対象者の特定に躍起になっているメディアもあるだろう。嘆かわしい。 ファイザー社のワクチンの第2便が無事到着した。…

ワクチン接種のクーポン券に思う自由社会の良し悪し

夕べ,おかしな夢を見た。トイレを使おうと列に並んだところ,「お客様はクーポン券をお持ちでないので,利用いただけません」と言われた(実際はもっと荒っぽい言われ方をされて,ビックリして目を覚ました)。 戦時中は,食糧の配給に配給券が必要だった(…

新型コロナウイルス対応ワクチンの接種開始の件

日本での医療関係者4万人への新型コロナウイルス対応ワクチン(ファイザー社製)が今日2021/2/17から始まった。ウイルスに対して,これまでは見えない敵に対して防御の盾を闇雲に振り上げてハダカで立ち向かっていただけだったが,ワクチンによってようやく…

後出しじゃんけんな日本

日本が,何か世界に先駆けて進めたことがあるだろうか。コンピュータもダメ,バイオテクノロジーもダメ,エネルギーも食糧危機も,何も解決していない。 新型コロナウイルスに対しては,まずワクチン開発ができなかった。現状,切り札である特効薬開発も研究…

ワクチン5回の残りを廃棄するだと!?--集めて使えるよう特例を設けよ

ワクチンも作れない日本が,何を血迷ったか。注射器(シリンジ)の先に接種しきれない量が残るために,本来6回接種できるだけの量が入っている瓶から5回しか接種できないと公表した。おそらく法律によって,瓶に残ったワクチンを併せて使う,ということがで…

使い捨て(ワンタイム)マスクをもう少し有効利用したい

筆者は,使い捨て(ワンタイム)マスク派である。2020年2月3月4月は,悪質な人たちによるマスクの買い占めと,メルカリやAmazon経由での高額販売が問題になった。簡易マスクの実験--三角コーナー用不織布の活用について - jeyseni's diary (hatenablog.com) …

注射針のない注射器が,今こそ活躍するときだったはずだが・・・

新型コロナウイルスワクチンの注射の仕方が,腕にまっすぐ直角に刺す海外でのやり方と斜めに皮下に打つ日本のやり方がテレビで放送されるにつけ,日本の常識は海外では非常識,と書いた。ワクチンでの注射針の刺し方--世界の常識が日本では違うらしい - jeys…

ワクチン受付アプリ--どなたか開発をお願いします

2021年1月27日,川崎市で新型コロナウイルスのワクチン接種のシミュレーションが行われた。基本的には選挙方式で,指定した接種会場で接種することになるようだ。 実際に試してみると,受け付け時の聞き取りに時間がかかることが分かったそうだ。通常は1人10…

国会は,「責任の追及」だけの場ですか?いいアイディアを国民に向けてアピールしませんか。

2020年12月5日に前の国会が閉会してから,1カ月半の長期休憩を過ごした国会議員が,ようやく2021年1月20日に国会に戻ってきた。「〇〇の遅れが感染拡大を招いた。その責任はどう取るのですか?」という野党側の政府・首相に対する「責任追及」がまた始まっ…

日本製ワクチンがなぜ生産されないかの考察

先進国で,新型コロナウイルス用のワクチンを量産していないのは,日本だけである。関連発表も,2020年4月14日に,大阪大学ベンチャーのアンジェスがワクチン実用化研究を始めたと打ち上げたきり。田辺三菱製薬のカナダ子会社で治験開始を発表したのが7月15…

ワクチン注射ロボットを至急開発してください

新型コロナウイルス対策で,いよいよ最後の砦であるワクチン接種が現実のものになってきた。暴れん坊の河野太郎行政改革・国家公務員制度担当大臣が,なんと「ワクチン担当大臣」に任命された。他国からのワクチン購入から搬送,地方自治体への配布,接種者…

ワクチン接種は「選挙投票方式」で行政が管理して実施してほしい

2021/1/15現在,新型コロナウイルスの世界中での感染確認者数は9000万人を超え,死亡者数も190万人を超えた。山の形を見ると,少しピークアウトしてきているように見える。ワクチン接種をためらうことなく進めている国が多く出ているからだろうか。イギリス…

ワクチンでの注射針の刺し方--世界の常識が日本では違うらしい

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。イギリス,南アフリカ,そしてブラジルで感染力が強いという変異ウイルスが,さらに感染拡大を加速させている。 経済活動をこれ以上止められないイギリスでは,ワクチンの接種を積極的に進めている。アフリカでも…

2021年に思う。「ア話食」な人たちから遠ざかる。

特別な2020年が終わり,2021年に入ってしまった。冬場に入り,空気の乾燥によるウイルスの感染能力持続時間が数倍に伸びること,気温が下がったことによる人間の抵抗力が低下すること,そして年末に明らかになった新型コロナウイルスの変異ウイルスが世界拡…

鳥インフルエンザとその殺処分に思う

2020年,人間にとっては新型コロナウイルスの世界的感染拡大を止めることができなかった。11月になって,イギリスやロシアなどで遺伝子ワクチンの接種が始まった。この種のワクチンは,まだ人間に接種された実績がなく,効果はある可能性は高いが,その副反…

風邪でした(無事復活)

2020/12/12のブログで「風邪(たぶん)を引いた不安」という情報をアップした。2日間微熱が続き,37.0度まで記録したが,収まった。若干の鼻水は残るが,「どうやら風邪でした」との報告である。ご心配かけました。 とはいえ,これが新型コロナウイルス感染…

不覚にも“風邪”(たぶん)を引いてしまった不安

考えてみると,この1週間は実にいろいろな人と出会ってしまった。皮切りは義理の母の他界で,近い親戚から遠い親戚,葬儀関係者との出会いがあった。一人は,札幌から駆けつけられた。 今週は,年末ということもあってなぜか会議が3日にわたってあり,通常は…

空しく聞こえる「感染防止対策」アナウンス

新型コロナウイルスの第三波が収まらない。「Go Toキャンペーン」はようやく見直しになったが、このキャンペーンに参加した人が5000万人もいるとどこかで聞いた。危険を侵すことへの快感なのだろうか。結局は税金のムダな消費に終わったのではないのか。 今…