jeyseni's diary

「ジェイセニ」と呼んでください。

IT-アプリ

100万回線でも足りなかった横浜のワクチン予約システム

2021/5/3に新型コロナウイルス接種の予約受け付けがパンクした横浜市 「年齢を区切って接種券を郵送」したとしても - jeyseni's diary (hatenablog.com) 2021/5/4。5/5に再開される際,回線数を増やす。報道によると,5/3の段階では100万回線だったものを600…

それでもまだ「電話予約」「Web予約」しか手がないというのか

医療関係者に対する新型コロナウイルス対応ワクチンの接種についても,「電話予約」「Web予約」が取られているらしい。そして「全然つながらない」状態が続いているらしい。 医療関係者は,1分でも時間を惜しんで治療に携わっている。この方々に予約のための…

SmartNewsの「新型コロナワクチンチャンネル」が素晴らしい

TBSの情報番組「ひるおび」でスマホアプリSmartNewsの「新型コロナワクチンチャンネル」について紹介されていた。スマートニュース社からのニュースリリースは2021/4/14 SmartNews、「新型コロナワクチンチャンネル」開設 利用者の接種時期を通知(1/2 ペー…

何でもかんでもWebブラウザーにさせたい

筆者は仕事上,Microsoft Officeは必須ソフトである。Word,Excel,PowerPointの御三家は外せない。マクロも駆使しているので,代替ソフトがない。昨今のサブスクリプション版はどうも苦手なので,パッケージ版の最終バージョンを使用続けている。 文章だけ…

スマホアプリ単体での健康管理はもう一息

スマートフォンには,さまざまなアプリをインストールできて,いろいろな機能を試すことができる。パソコンのユーティリティーもこれまで山のように試してきた。スマホらしいアプリも玉石混交で,外れることも多いが,当たると役に立つ。 GPSを使って行動記…

1時間ごとの日記

新型コロナウイルスが広がり初めて1年3ヶ月が経過した。発症するまでに7~10日と長く時間がかかるということが分かり,発熱などの症状でまず保健所に相談した後に,PCR検査を行う。感染陽性が明らかになると,まず約2週間の行動分析と,その間の濃厚接触者の…

Google Voice Accessが面白いが悪戦苦闘中

クルマを運転していて,何がしたいかというと,ハンズフリーでショートメールを発信することである。「今,〇〇を通過。あと何分で帰宅予定」というメッセージを,電車で帰宅するときと同じようにクルマから発信したい。 Androidのスマートフォンを使ってい…

自己申告型-新型コロナカラーチャートの提案

ワクチンパスポートの超アナログな方法の提案である。 COVIDcolor.jpg 新型コロナウイルス自己申告カラーチャート 自分が今,新型コロナウイルスに対してどのような状態であるかを自己申告するための,カラーチャートを作ってみた。A4判の紙にカラー印刷し,…

「3in1」アプリwith「マイナンバー」の提案(コンセプト案)

筆者が2002年以来,外出時にはマスクをする習慣だったことはすでに紹介した。しかしそれは外を歩くときに黄砂や花粉,ホコリその他微粒子の吸い込みをできるだけ減らすことと,電車の中などで風邪やインフルエンザの人の咳やくしゃみの飛沫をなるべく吸い込…

「一日の死亡者数50人」を再考する

新型コロナウイルスの全国の死亡者数が,毎日30~50人と報道されている。「重症者が減っています」の意味を明らかにしてほしい - jeyseni's diary (hatenablog.com) 2021/2/28。感染確認者数も下げ止まり,重症者数も下げ止まり気味,そして死亡者数はあまり…

「cocoa」アプリにPCR検査済み発信機能を加えるアイディア

厚生労働省推薦の新型コロナウイルス濃厚接触アラートアプリ「cocoa」がほとんど意味がないことは、当初から指摘していた。感染確認者が自分が感染したことを匿名にしろ、公表しなければならないからだ。「自分が病気である」と積極的に公表する人はいない。…

プライバシーとボランティアの矛盾

新型コロナウイルス禍で保健所の業務がひっ迫している。症状の申告を受けて,PCR検査を指導するのか,自宅で様子見してもらうのかの切り分けに,おそらく1人の相談者について10分はかかるだろう。症状が悪化した人の問い合わせには,診察や入院できる病院を…

ラスト・ワンマイルの詰めが甘い日本の新型コロナウイルス撲滅作戦

「Go Toトラベル」が経済効果を上げているという。筆者は臆病なのでまだ参加できないが,旅行やイベント,コンサートなどが生活習慣になっている方も多いようで,経済復活に貢献されている。 実際,施設側もお客側も半年前とはまったく意識が変化しているの…

「3密チェッカー」の数字が新鮮

2020年9月24日に筆者のスマホに話題の「3密チェッカー」を入れて,今日で11日目になる。開発者とも情報交換できた。一人で開発をしているとのことで,Android版の更新のためにiOS版の開発に時間が取れないとのこと。プログラマーの皆さん,協力してあげてく…

「3密チェッカー」iPhone版が急務

Androidスマホアプリ「3密チェッカー」が今日2020年9月24日,テレビで紹介されていた。検索してみると,2ヶ月以上も前の7月5日にリリースされていたようである。Web検索で8月30日に紹介されていた記事は以下。 19歳が開発したアプリ「3密チェッカー」がすご…

新型コロナウイルスの空気感染の可能性について-PCRスクリーニングをより綿密に

2020年7月7日,WHOは「新型コロナウイルスの空気感染(飛沫核感染)の可能性を示す証拠が出始めている」と発表した。マイクロ飛沫による感染の可能性である。とうとう厄介なものが来たか,という気がする。 飛沫による罹患感染や接触感染を防ぐ方法としてフ…

「接触確認アプリ」より欲しいアプリ

厚生労働省が音頭を取って開発した「新型コロナウイルス接触確認アプリ」が,2020年6月19日に公開された。6月19日中で,公開から約8時間で約85万件ダウンロードがあったそうだ。筆者も今朝,インストールした。 たとえば自分が感染したら,「陽性であること…