jeyseni's diary

「ジェイセニ」と呼んでください。批判ではなく提案をするのが生き甲斐です。

インフルエンザ

35週目でとうとう「全国平均で注意報レベル」に--新型コロナは9週連続増加。インフルも増加に転じる

新型コロナウイルス感染症確認者数の全国平均が,五類移行後35週目でとうとう10人を超えて12.23人となった。10人超えが注意報レベルなので,第10波と言えるだろう。インフルエンザも17.72人で,2週連続の減少の後,一気に増加に戻った。 県別の数字をまとめ…

33週の新型コロナは6.96人で7週連続増加--注意報が8県で,筆者は第10波入りを宣言

新型コロナウイルス五類移行後33週の全国平均感染確認者数は6.96人となった。7週連続の増加となった。一方インフルエンザは12.66人と前週の約半分まで激減したように見える。 33週は6.96人で7週連続増加。インフルは激減か。 第9波のときと同じような増加カ…

また抜き打ちの水曜日発表--新型コロナ32週目も6週連続増加。地震避難者へのワクチン優先接種を提案(我が家はノロ感染)

本来なら1/5(金)に発表すべき新型コロナ感染確認者数の五類移行後32週目データが,1/10(水)にまた何の前触れもなく発表された。33週目データを1/12(金)に発表しなければならないので,また姑息に発表日を調整したような印象を受けた。 メディアに対し…

新型コロナ五類後31週は5週間連続増加と北海道が注意報レベルに--インフルはやや減少傾向

新型コロナウイルス感染症の感染確認者数の五類以降後31週目が,年明けの1/4(木)にようやく発表された。統計期間は 2023年第51週(12月18日~12月24日)で,本来は12/29(金)に発表されるはずのものである。またも統計発表なしの2023年最終週の新型コロナ--…

新型コロナ五類変更後30週の全国平均感染者数は4週連続増加の4.12人--インフルはいったん30人を切るも増加傾向に変わりなし

新型コロナ五類変更後30週の全国平均感染者数は,4週連続増加の4.12人だった。増加のペースは,第9波のとき程度で,またもう一山来るのかもしれないという予感がないわけではない。 2024年に入れば,ワクチン接種は有料になり,自治体からの案内もなくなる。…

新型コロナ五類指定後29週は,3週連続で増加--インフルは過去最多を更新

新型コロナウイルス感染症の五類指定後29週の平均感染者数は,3.52人で,3週続けての増加となった。まだ「増加傾向にある」とまでは言えないので,グラフの掲示はしないことにする。 一方で,インフルエンザも33.72人で,こちらは注意基準である30人を超えて…

新型コロナ五類指定後28週目は横ばいかやや上昇--インフルはやや減少

新型コロナウイルス感染症の感染者数平均は,五類移行後28週で2.75人で,前週の2.33人を上回り3週連続で増加に転じた。ただまだ, 母数も少ないので,確実とは言えない。一方,インフルエンザも26.72と,前週を下回った。それほど極端な動きは,今週はなかっ…

新型コロナ五類変更後27週の全国平均は2.33人に反転--インフルエンザも引き続き増加

新型コロナ五類変更後27週の全国平均感染者数は2.33人となった。前週初めて2人を切って1.95人から初めて反転増加した。アメリカではまた新しいオミクロン変異株BA.2.86(ピロラ)が増加しているという。 新型コロナ第27週。底を着いて反転増加か。インフルは…

新型コロナの死亡者数も8月から9月にかけて増加と厚労省が発表したらしいが,公開資料が見つからない--やはり不都合なことの隠蔽体質は変わらないのか

9月コロナ関連死 5類移行後で最多 - Yahoo!ニュース (2023/11/25)。厚労省が発表したというのだが,データのリンク先が見つからないので,ニュースをそのままコピーさせてもらうと,「厚生労働省は24日、新型コロナウイルスの関連死者数が、9月は最大5235…

新型コロナ25週の全国平均は2.01と引き続き減少--インフルもいったん減少。しかし10月の入院数は9月を上回っていた

新型コロナ25週の全国平均は2.01。引き続き減少した。インフルエンザも17.35と,こちらもいったん減少した。 25週は,新型コロナも減少,インフルもいったん減少 ところが,この25週のPDFの下のページを見てみると,驚くべき別のデータが表示されていた(htt…

24週の新型コロナ全国平均は2.44人--引き続き減少だがゼロにはならず。気になるインフル,プール熱の激増

新型コロナウイルス感染症が五類相当に変更後24週が経過した。全国平均は2.44人。前週よりもさらに減少した。 一方で,インフルエンザやプール熱が急増しているという。感染拡大危険度の基準値は異なるが,同じ基準で計算したグラフを描いてみた。データは,…

風邪ウイルスはヒトと共生?--免疫力の増強がカギ。新型コロナもオミクロン株でヒトとの共存の道に入ったという仮説

新型コロナウイルス禍は,第9波がどうやら収束すると判断できる(第21週の全国平均は3.25人--インフル,プール熱が大流行を始めたため,マスクと換気習慣を再開すべき - jeyseni's diary (hatenablog.com) 2023/10/30)。ウイルスを持った感染者が,国内では…

第21週の全国平均は3.25人--インフル,プール熱が大流行を始めたため,マスクと換気習慣を再開すべき

第21週の新型コロナウイルスの全国平均は,3.25人となった。 第21週は,3.25人 第7波,第8波のときも,このレベルから再度,流行拡大が始まっているので,完全終結とは言い切れないのだが,終息への期待は高まる。 というのも,インフルエンザやプール熱が例…

20週目で5.20人--いよいよ終息宣言か,新型コロナ。しかしインフル,プール熱,RSウイルスが流行の兆し

新型コロナウイルス感染症が五類変更になって20週目の全国平均は,1医療機関当たり5.20人となった。全県で注意報発令の10人を下回った。 20週。全国平均は5.20。全県で注意報水準以下に。 2023年9月20日から始まったXBB1.5対応ワクチンの接種が始まった。今…

18週はピークアウトか,それともインフルとの入れ替わりかも--11.01人は3週連続減

新型コロナウイルス感染症の五類分類変更後,18週の全国平均は11.01人。10人が注意報レベル,30人が警報レベルで,筆者が予備警報レベルとしていたのが20人だが,全国すべての県で20人の予備警報レベルを下回った。チャートを見ても薄い赤が消えた。 18週。…

15週は全国平均が20人超え--注意喚起に,色分けを追加してみた

新型コロナウイルス感染症の状況は,五類移行後35週で全国平均が20人を超えた。 15週。全国平均が20.50人。準警報急地域をグラデーションで表示してみた。 筆者は,自分で算出した基準(全国平均が7人で逼迫状態)で行動しているので,増加が継続しているこ…

新型コロナウイルスとワクチンに対する日本での情報発信は,日本国民・メディアの主体性のなさの現れであることを再認識してほしい件

WHO「60歳未満の健康な成人は追加接種推奨しない」コロナワクチン新指針(Medical DOC) - Yahoo!ニュース 2023/3/28のWHOの発表を受けて,さまざまな意見が飛び交っている。メディア系は,「それ見たことか」と言わんばかりの反論キャンペーンである。 そも…

新型コロナウイルス第8波はようやく収束と言えるが,複数の厄介な情報が勃発

2023年2月に入って,新型コロナウイルスの全国感染確認者数が1日に1万人を切る日が出てきた。死亡者数は1日100人前後となった。相対的に,1日の感染者数は最大ピークの1/20になったが,死者数は1/5程度止まりであり,入院病棟での医療関係者の闘いは続いてい…

結局,第8波になるのだろうか--ワクチン接種での新たな死亡者報道も気になる

新型コロナウイルスが第8波としての増加傾向を見せている。2022/11/18,「政府は、コロナの第8波対策として都道府県が「医療非常事態宣言」などを出して、旅行や移動の自粛を呼びかけることができる仕組みを正式に決定」した。政府 コロナの第8波対策を正式…

街が痰ツボ状態--せめて草むらや排水溝に吐いてほしい

日本人に欠けているマナーとして、痰(たん)吐きがある。新型コロナウイルス禍で指摘された咳・くしゃみエチケットもいまだに守られていないが、痰吐きも酷いものである。 従来型のタバコを吸う人が減ったことで、痰吐きも結構減っているように思われる。ケム…

インフルエンザ予防接種で高齢者が待たされるという逆転現象が起きている--供給は多いはずなのになぜ

2022年,海外ではインフルエンザが流行を始めた。またこの日本の秋にかけて新型コロナウイルスの感染が再拡大し始めている。これを受けて,日本ではインフルエンザと新型コロナのダブル流行が懸念されている。 海外の状況を受けて,インフルエンザワクチンの…

タバコの煙とウイルスのサイズはほぼ同じ--マスクがいかにウイルス防護に効果がないかを確認できる

タバコの煙の粒子の直径は 0.1~1.0μmである。一方,インフルエンザウイルスや新型コロナウイルスのの大きさは直径0.1μm程度である。つまりほぼ同じサイズといえる。いずれもPM2.5(2.5μm)よりも小さい。 最近は,タバコを吸いながら歩く人は減ったが,以前…

「他人のせい」にするのは簡単--行動の前にもう一度考える余裕と3秒先の予測を

新型コロナウイルスのオミクロン変異株とどう取り組むかについて,さまざまな意見や対応策が挙げられている。 国と自治体が発令する「緊急事態宣言」と「蔓延防止等重点措置」は,人流を減らし,人との接触機会を減らすことが最大の目的だが,飲食業と観光業…

専門職の肩書で批判ばかりする大学教授,医者,弁護士,ジャーナリスト--生死と24時間向き合っている医療現場のことを考えよ

新型コロナウイルスに対する政府・自治体・専門部会の判断に対して,さまざまな批判が行われている。いずれも批判であり,「否定するだけ」であり,「後出しジャンケン」である。何も建設的な提案がない,というのは以前から指摘しているとおりである。 芸能…

政府は多くの意見を直接聞いてみるべき--ワイドショー,ブログに多くの専門家の意外な提案あり

新型コロナを終わらせる簡単な方法 (msn.com) 2022/1/21 JB Press という記事を見かけた。記事を読んでみると,このタイトルはメディア側が勝手に安易に付けたものと判断した。 オンラインメディアは,往々にこういう扇情的なタイトルを付ける傾向にある。あ…

今度はインフルエンザの懸念

筆者が予測した2021/10/15のCOVID-19リバウンドは、幸いなことに10/19現在、起きていない。このまま終息するのが望ましい。 一方、この冬のインフルエンザへの懸念が出ているようである。 昨年2020年はほとんど感染者がなかった。このことによって、国民の集…

ワクチン1回目を完了

予約どおり,自治体枠での新型コロナウイルス対応ワクチンの1回目の接種を完了した。高齢者枠の接種券発送の最終便となる65歳~70歳の接種券の発送が2021/5/25。その日の夜に9日後の6/3の予約ができた。その予約時の顛末は “予約替え”が,予約しづらさとワク…

中国が次の時代を牛耳る前に,日本は「特効薬外交」に切り替えよ

ロジスティックスという言葉をカタカナで初めて聞いたのは,30年ぐらい前だったと思う。それ以前にも,たとえばトヨタ生産方式などで「物流」の重要性は感じていたが,まだ「運送・輸送」という意味のtransportationの方がしっくりしていた。教科書英語しか…

日本製ワクチンがなぜ生産されないかの考察

先進国で,新型コロナウイルス用のワクチンを量産していないのは,日本だけである。関連発表も,2020年4月14日に,大阪大学ベンチャーのアンジェスがワクチン実用化研究を始めたと打ち上げたきり。田辺三菱製薬のカナダ子会社で治験開始を発表したのが7月15…

あとは神頼みですか

新型コロナウイルスのPCR検査で陽性となり,入院や施設療養,自宅療養を指示され,それに違反して,入院拒否や施設・自宅からの逃避などをすると,1年以下の懲役、または100万円以下の罰金を課すという感染症法改正案が国会で審議されるという。 ええっと,…