jeyseni's diary

「ジェイセニ」と呼んでください。

人類-日本人論

「あざとい」を斬る

「あざとい」という言葉が蔓延していて,気になったので調べてみることにした。 まず,筆者にとって一番標準と考えている『広辞苑 第七版』(岩波書店, 2018)によると,「①思慮が浅い。小利口である。②押しが強くて,やり方が露骨で抜け目がない。」とある…

デジタル改革は,「省庁ができてから」動くんでしょうか。

デジタル庁が2021年9月1日に発足することが2021/5/12に参議院で可決して決まった。2020/9/16に菅政権が発足した際に設置が提案されていた。筆者のブログでは,2020/9/26にコメントしていた 日本のデジタルプラットフォームの不安--エンジニアが桁違いに少な…

言語とマイクロ飛沫の量の仮説

新型コロナウイルスの勢いがなかなか止まらない。感染拡大の一つの仮説を立ててみた。それは、言語によって飛散するマイクロ飛沫の量や質が違うのではないか、という仮説である。 当初、3密が問題となった。密閉された空間に人が密集した状態で感染が拡大す…

年寄りよりも若者。そばに行くなら

筆者ももうすぐ前期高齢者なので、年寄りなのだが、マナーという観点で見ると、年寄りは最悪である。若者も誉められたものではないが、年寄りよりはまだマシな感じがする。 とにかく、年寄りは礼儀を知らない。特に、戦争世代はヒドイ。何しろ、戦争中に自分…

人心を惑わす言葉のマジック

3回目の緊急事態宣言で,2021/5/11までの予定が5/31まで「延長」されることになった。飲食店の時短,アルコール提供禁止はそのままだが,デパートは休業から時短に「緩和」した。 飲食店は「延長」という言葉に愕然とされたろう。1回目も2回目も「延長」され…

外飲み→家庭→保育園・小学校の連鎖--路上飲み,酒気帯び歩行を取り締まる条例を至急制定すべき

保育園や小学校でのクラスター発生が急速に増えている。考えられるルートについて分析してみた。 新型コロナウイルスの変異型ウイルスは,感染力が強く,若い人への感染力や重症化率も高い。無症状で感染していることによる感染拡大リスクも高くなる。 元凶…

「他人事(ひとごと)」が横行しすぎている

3回目の緊急事態宣言,初めての蔓延防止等重点措置が場当たり的に発令され,ゴールデンウィークに入って最も影響を受けているのが,飲食業と観光業である。新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するために人流を抑えると,これらの業界に影響が出るのは仕方が…

クラスターが発生していないからと言っても安全とは限らない

2021/4/26~5/11の3回目の緊急事態宣言で,デパートや書店が休業要請対象になっていることに対して賛否両論が出ている。「これまで,クラスターが発生していない」のになぜ対象になるのか,という疑問である。 新型コロナウイルスが感染拡大を始めた2020年初…

日本はやはり「衰退国」ではないのか

筆者は,日本が最大限に経済発展した1980年からの20年間を,関連する情報業に携わった。マイコンを中心とした自動化技術が花開き,無人化,自動生産などに日本人らしい緻密な行動でムダをなくし,低コストで高品質な製品を世界中に供給した。自動車の電子制…

死にたくない

東京の重症患者数が,重症用病床数を超えて3日が経過した。病床占有率が100%を超えた。入院できず,自宅で亡くなる方もでてきた。これでは,2021年1月の第三波よりも酷い状態である。 第三波で発令された2回目の緊急事態宣言では,病床占有率が100%を超え…

変異ウイルスをなめてはいけない

新型コロナウイルスの変異ウイルスによる第四波が2021年4月頭から進行中である。 変異ウイルスは現時点で,イギリス型,南アフリカ型,ブラジル型および未確定型が存在する。第四波は,このイギリス型が主流である。それぞれ変異の形が「N501Y」「N501Y+E48…

結婚の意義と新しい皇室へのチャンスを考える

秋篠宮眞子さまの結婚について,筆者としてコメントをしてみたい。 まず,現在29歳になられた眞子内親王だが,結婚する主体的な理由がわからない。2017年5月に小室圭氏との婚約準備が発表された。4年前なので内親王が25歳のことになる。2010年4月に国際基督…

ワクチン廃棄しなくて済む方法は世界に学べないのか【情報追加】

新型コロナウイルス対応ワクチンの高齢者向けの接種が始まった初日。その日の早朝の段階で「大規模なワクチン廃棄が懸念される」と筆者は書いたワクチンの一部廃棄が心配な事態に - jeyseni's diary (hatenablog.com) 2021/4/13。このケースは、無計画な供給…

「線」を考える

記憶はあやふやだが、日本ほど「線」を引いている国はないのではないだろうか。クルマも人も、車道も歩道も、ベタベタといった感じに白線、黄線、ピンク線、水色線が引かれている。 線というのは、時間や空間を分けるために引かれる。車線は隣のクルマとの安…

マウンティングなしの正義行動,その前に3秒考える(特にクルマ,アルコール,女性)

新聞でいうと社会面は,さまざまな事故,事件,犯罪が毎日のように報道されている。ほとんどが些細なことで理性を失っての事件,犯罪である。もちろん確信犯の本当の悪もあるが,出来心というのも多いのが人間である。 理性を失う大半は男である。その原因は…

自主対策モードに入る

筆者は,現在の新型コロナウイルス禍の状況を,第四波変異ウイルスモードに入ったと判断した。特徴は,第三波より急激な増加と若年層の拡大傾向と分析する。 6月から予定されている一般年齢層へのワクチン接種までは,「ブレーキモード」が適切と考える。政…

「マウンティング会話講座」なる番組について

またまた,バカげた和製英語の登場と思われる。マウンティング。「カタカナの意味としては上から目線で自分が優位であることをアピールしてくること、一方的に自慢をしてくることを指している」といった内容である。 筆者もうかつにも,これまでのブログで6…

タレントの外見について言うなら男芸能人も問題視すべきでは

東京オリンピックの開閉会式の演出責任者が、女性タレントの容姿を侮辱するようなアイデアを提案したとして週刊誌が1年以上前にLINE上のブレーンストーミングで出したことをすっぱ抜いて問題視した。これを受けてその演出責任者の佐々木宏氏が謝罪し,辞職…

花粉症とアナフィラキシーの個人的な仮説

新型コロナウイルス対応ワクチン接種で日本でのアナフィラキシーの割合が海外の10倍程度も多いと報告されている。 一つの仮説として、ワクチン接種が正しく筋肉の中にされていないのではないかというコメントをした。 今、ちょうど花粉症の季節になった。日…

普通の注射器で十分深く刺していないのではないのか

2021/3/9になって,ファイザー社の新型コロナウイルス対応ワクチンを1瓶から7回接種可能というインシュリン注射用注射器の話題が盛んである。針が細く,注射器の中の無駄な空間がないため,打ち残しが少ないためだという。問題があるとすると,インシュリン…

普通のワクチンも開発してほしい

「富山で新型コロナウイルス対応ワクチンで蕁麻疹、日本で初」。やはりこの手の報道が出てきた。そして、これをこれでもかと取り上げる。対象者の特定に躍起になっているメディアもあるだろう。嘆かわしい。 ファイザー社のワクチンの第2便が無事到着した。…

ワクチン接種のクーポン券に思う自由社会の良し悪し

夕べ,おかしな夢を見た。トイレを使おうと列に並んだところ,「お客様はクーポン券をお持ちでないので,利用いただけません」と言われた(実際はもっと荒っぽい言われ方をされて,ビックリして目を覚ました)。 戦時中は,食糧の配給に配給券が必要だった(…

後出しじゃんけんな日本

日本が,何か世界に先駆けて進めたことがあるだろうか。コンピュータもダメ,バイオテクノロジーもダメ,エネルギーも食糧危機も,何も解決していない。 新型コロナウイルスに対しては,まずワクチン開発ができなかった。現状,切り札である特効薬開発も研究…

「女性蔑視」というが,もう少し分けて考えないと問題の核心が見えない

東京オリンピックの組織委員長の森喜朗氏が,「女性蔑視」発言をしたことで最終的に辞任した。ジェンダー・ギャップ指数2020で,日本の男女平等度は経済、政治、教育、健康の4つの分野のデータから計算して世界153カ国中121位と下位にいる。 https://www.ge…

ワクチン5回の残りを廃棄するだと!?--集めて使えるよう特例を設けよ

ワクチンも作れない日本が,何を血迷ったか。注射器(シリンジ)の先に接種しきれない量が残るために,本来6回接種できるだけの量が入っている瓶から5回しか接種できないと公表した。おそらく法律によって,瓶に残ったワクチンを併せて使う,ということがで…

差別発言問題というより「理性がない」と診断すべき森喜朗発言

森喜朗オリンピック委員会委員長の女性差別発言が,NHKも含めて連日報道されている。海外のメディアでも取り上げられ,海外のオリンピック委員会でも反論が起きているようだ。 女性に対する男性の意識については,これまでも何度かこのブログで書いてきた。…

あとは神頼みですか

新型コロナウイルスのPCR検査で陽性となり,入院や施設療養,自宅療養を指示され,それに違反して,入院拒否や施設・自宅からの逃避などをすると,1年以下の懲役、または100万円以下の罰金を課すという感染症法改正案が国会で審議されるという。 ええっと,…

「今,感染しても,病院では受け付けません」と言われたらどうですか

地球温暖化がこのまま進むと,10年後の2030年に限界点を迎え,後戻りできなくなるという。そして2100年には,平均気温が現在より+4℃となるという。+4℃というと大したことがないようにみえるが,日本でいえば夏が40℃になるだけではない。北極,南極,氷河がす…

2021年に思う。「ア話食」な人たちから遠ざかる。

特別な2020年が終わり,2021年に入ってしまった。冬場に入り,空気の乾燥によるウイルスの感染能力持続時間が数倍に伸びること,気温が下がったことによる人間の抵抗力が低下すること,そして年末に明らかになった新型コロナウイルスの変異ウイルスが世界拡…

「Go Toトラベル」で精神的貧困層の劣悪マナーが露見

「Go To」キャンペーンは,今さらながらだれが何のために仕掛けたものなのだろうか。税金を使い,人を動かすことで,観光地への人の移動を増やし,現地の需要を喚起する,ということだったようだが,とんでもない人たちが観光地に訪れたようである。 まず,…