jeyseni's diary

「ジェイセニ」と呼んでください。批判ではなく提案をするのが生き甲斐です。

新型コロナウイルス

新型コロナ第40週は 7.92人--特効薬がないという意味で“風邪”になったと判断

新型コロナが感染症五類に移行して40週目の感染確認者数は,全国平均で 7.92人となり,第10波で4週連続で減少した。インフルエンザも16.76人で,2週連続で減少した。 第40週は,第10波が4週連続で減少。 筆者はとにかく,新型コロナウイルスから逃げ回ってき…

新型コロナ第39週は2週連続で減少--インフルも減少(発表は2/27朝だった)

新型コロナ第39週の発表は何日か--直前予想では2/27(火)【追記】 - jeyseni's diary (hatenablog.com) (2024/2/23)と書いたが,予想どおりやはり週明けの2/27(火)朝になった。日付が「2/26」で第38週の「2/16」から10日間も要したことになる。やはり役…

新型コロナ第39週の発表は何日か--直前予想では2/27(火)【追記】

毎週金曜日に発表される新型コロナウイルス感染確認者数とインフルエンザ感染確認者数の統計で,今日2/23(金)は天皇誕生日で祝日となっている。このブログは,当日の朝7時ごろに書いている。 本来なら金曜日なので,第39週の発表があるはずなのだが,これ…

新型コロナ第38週は13.75人で12週連続増加にはならず--暖冬で勢いが弱まった可能性もあるが,インフルは6週連続の増加

新型コロナウイルス感染症五類移行から第38週の全国平均感染者数は13.75人で,前週の16.15人から12周めにして初めて減少した。しかし,インフルエンザは6週連続増加の23.93人である。 暖冬の影響で,新型コロナの伸びが停まった可能性もあるが,それならイン…

37週で16.15人の新型コロナ--インフルも22.62人でダブル感染で,改めて警告を発したい

新型コロナウイルス五類指定後37週の全国平均は,16.15人で,11週連続での増加となった。第9波に迫る勢いであると見た。 インフルエンザも22.62人で,4週連続の増加である。 新型コロナで準警報レベルに新たに突入したのが,静岡と愛媛である。準警報レベル…

新型コロナ36週で準警報レベル県が関東,中部に--第9波を上回るペースで増加する危険性

新型コロナウイルス感染症の五類指定後36週の2024年1月末週の全国平均は,14.93人となった。10週連続で増加している。ゴロ合わせで第10波である。 県別に見ると,準警報レベルとして筆者が色付けした20人超えとなった県がとうとう出現した。福島,茨城,栃木…

35週目でとうとう「全国平均で注意報レベル」に--新型コロナは9週連続増加。インフルも増加に転じる

新型コロナウイルス感染症確認者数の全国平均が,五類移行後35週目でとうとう10人を超えて12.23人となった。10人超えが注意報レベルなので,第10波と言えるだろう。インフルエンザも17.72人で,2週連続の減少の後,一気に増加に戻った。 県別の数字をまとめ…

34週は8.96人で8週連続増加の新型コロナ--注意報レベルも20県に増加

五類感染症への移行後34週の新型コロナウイルス感染症の全国平均確認者は8.96人で,前週の6.96人から一気に増えた印象である。 注意報レベルの10人超えは,前週は8県だったが,34週の今週は20県と一気に倍増した。新たに加わったのは,岩手,栃木,千葉,石…

33週の新型コロナは6.96人で7週連続増加--注意報が8県で,筆者は第10波入りを宣言

新型コロナウイルス五類移行後33週の全国平均感染確認者数は6.96人となった。7週連続の増加となった。一方インフルエンザは12.66人と前週の約半分まで激減したように見える。 33週は6.96人で7週連続増加。インフルは激減か。 第9波のときと同じような増加カ…

また抜き打ちの水曜日発表--新型コロナ32週目も6週連続増加。地震避難者へのワクチン優先接種を提案(我が家はノロ感染)

本来なら1/5(金)に発表すべき新型コロナ感染確認者数の五類移行後32週目データが,1/10(水)にまた何の前触れもなく発表された。33週目データを1/12(金)に発表しなければならないので,また姑息に発表日を調整したような印象を受けた。 メディアに対し…

新型コロナ五類後31週は5週間連続増加と北海道が注意報レベルに--インフルはやや減少傾向

新型コロナウイルス感染症の感染確認者数の五類以降後31週目が,年明けの1/4(木)にようやく発表された。統計期間は 2023年第51週(12月18日~12月24日)で,本来は12/29(金)に発表されるはずのものである。またも統計発表なしの2023年最終週の新型コロナ--…

またも統計発表なしの2023年最終週の新型コロナ--年末にかけての行動への指針なし

新型コロナウイルス感染症の感染確認者数は,五類移行後31週目となる2023年12月29日の発表がなかった。 すでに,30週目の発表で,4週間連続で増加傾向にあることは,このブログでは分析・指摘した(新型コロナ五類変更後30週の全国平均感染者数は4週連続増加…

新型コロナ五類変更後30週の全国平均感染者数は4週連続増加の4.12人--インフルはいったん30人を切るも増加傾向に変わりなし

新型コロナ五類変更後30週の全国平均感染者数は,4週連続増加の4.12人だった。増加のペースは,第9波のとき程度で,またもう一山来るのかもしれないという予感がないわけではない。 2024年に入れば,ワクチン接種は有料になり,自治体からの案内もなくなる。…

新型コロナ五類指定後29週は,3週連続で増加--インフルは過去最多を更新

新型コロナウイルス感染症の五類指定後29週の平均感染者数は,3.52人で,3週続けての増加となった。まだ「増加傾向にある」とまでは言えないので,グラフの掲示はしないことにする。 一方で,インフルエンザも33.72人で,こちらは注意基準である30人を超えて…

安全アナウンスが白々しい--春の「安全」のための電車運賃の値上げは何だったのか

2023年12月に入って,電鉄各社がプラットホームからの落下に気をつけてくださいキャンペーン放送を実施している。 筆者は,安全設備設置のための運賃値上げから2ヶ月経っても,ホームドア設置工事が始まっているように見えない - jeyseni's diary (hatenablo…

新型コロナ五類指定後28週目は横ばいかやや上昇--インフルはやや減少

新型コロナウイルス感染症の感染者数平均は,五類移行後28週で2.75人で,前週の2.33人を上回り3週連続で増加に転じた。ただまだ, 母数も少ないので,確実とは言えない。一方,インフルエンザも26.72と,前週を下回った。それほど極端な動きは,今週はなかっ…

新型コロナ五類変更後27週の全国平均は2.33人に反転--インフルエンザも引き続き増加

新型コロナ五類変更後27週の全国平均感染者数は2.33人となった。前週初めて2人を切って1.95人から初めて反転増加した。アメリカではまた新しいオミクロン変異株BA.2.86(ピロラ)が増加しているという。 新型コロナ第27週。底を着いて反転増加か。インフルは…

新型コロナの死亡者数も8月から9月にかけて増加と厚労省が発表したらしいが,公開資料が見つからない--やはり不都合なことの隠蔽体質は変わらないのか

9月コロナ関連死 5類移行後で最多 - Yahoo!ニュース (2023/11/25)。厚労省が発表したというのだが,データのリンク先が見つからないので,ニュースをそのままコピーさせてもらうと,「厚生労働省は24日、新型コロナウイルスの関連死者数が、9月は最大5235…

新型コロナ25週の全国平均は2.01と引き続き減少--インフルもいったん減少。しかし10月の入院数は9月を上回っていた

新型コロナ25週の全国平均は2.01。引き続き減少した。インフルエンザも17.35と,こちらもいったん減少した。 25週は,新型コロナも減少,インフルもいったん減少 ところが,この25週のPDFの下のページを見てみると,驚くべき別のデータが表示されていた(htt…

ギフト用の小さな巾着袋を手にはめて,吊り革を持つようにした件

新型コロナウイルスが下火になってきているが,インフルエンザやプール熱,そして中国では別の感染症が流行ってきているという。ヒトと感染症の戦いは,終わりそうにない。 感染症対策として,マスク,手洗い,換気,ワクチンというのは常識なのだが,新型コ…

24週の新型コロナ全国平均は2.44人--引き続き減少だがゼロにはならず。気になるインフル,プール熱の激増

新型コロナウイルス感染症が五類相当に変更後24週が経過した。全国平均は2.44人。前週よりもさらに減少した。 一方で,インフルエンザやプール熱が急増しているという。感染拡大危険度の基準値は異なるが,同じ基準で計算したグラフを描いてみた。データは,…

23週は2.86人--減り方が緩慢になったのは第7波,第8波と同様か。終結宣言を出すか,またぶり返すのか

新型コロナウイルスの五類変更後,23週目(2023年第43週(10月23日~10月29日))がようやく発表された。全国平均は2.86人。残念ながら,収束速度にブレーキがかかってきているように見える。 第23週は2.86人。収束速度がゆっくりしている。 第7波,第8波とも…

風邪ウイルスはヒトと共生?--免疫力の増強がカギ。新型コロナもオミクロン株でヒトとの共存の道に入ったという仮説

新型コロナウイルス禍は,第9波がどうやら収束すると判断できる(第21週の全国平均は3.25人--インフル,プール熱が大流行を始めたため,マスクと換気習慣を再開すべき - jeyseni's diary (hatenablog.com) 2023/10/30)。ウイルスを持った感染者が,国内では…

第21週の全国平均は3.25人--インフル,プール熱が大流行を始めたため,マスクと換気習慣を再開すべき

第21週の新型コロナウイルスの全国平均は,3.25人となった。 第21週は,3.25人 第7波,第8波のときも,このレベルから再度,流行拡大が始まっているので,完全終結とは言い切れないのだが,終息への期待は高まる。 というのも,インフルエンザやプール熱が例…

20週目で5.20人--いよいよ終息宣言か,新型コロナ。しかしインフル,プール熱,RSウイルスが流行の兆し

新型コロナウイルス感染症が五類変更になって20週目の全国平均は,1医療機関当たり5.20人となった。全県で注意報発令の10人を下回った。 20週。全国平均は5.20。全県で注意報水準以下に。 2023年9月20日から始まったXBB1.5対応ワクチンの接種が始まった。今…

19週でピークアウトと判断--全国平均で注意報レベル以下になったが,医療機関の抗原検査が疎かにならないか心配

新型コロナウイルス感染症(Covid-19)が五類指定に変更後,19週(約5ヶ月)が経過した。定点観測の値の全国平均値は8.83人。注意報レベルを下回った。 19週。全国平均で8.83人。第9波はピークアウトと判断。 第15週の20.50がピークで,そこからピークアウト…

18週はピークアウトか,それともインフルとの入れ替わりかも--11.01人は3週連続減

新型コロナウイルス感染症の五類分類変更後,18週の全国平均は11.01人。10人が注意報レベル,30人が警報レベルで,筆者が予備警報レベルとしていたのが20人だが,全国すべての県で20人の予備警報レベルを下回った。チャートを見ても薄い赤が消えた。 18週。…

第17週は17.54人--このままピークアウトか,あるいはリバウンドか

新型コロナウイルス感染症が五類指定になってから第17週は,17.54人と,2週連続でマイナスになった。 第17週。17.54と2週連続のマイナス。 第7波,第8波のときは,積極的なワクチン接種とマスコミによる喚起もあってか,ピークアウト後は一気に減ったが,最…

秋のワクチン接種開始で4ヶ月ぶりにマスコミが新型コロナウイルスのニュースを取り上げ

2023/9/20,新型コロナウイルス対応ワクチンの接種が始まった。現在,都内での感染の1/3を占めるEG.5変異株にも効果が期待されるというXBB1.5対応ワクチンが,今日から接種開始となった。 筆者は高齢者枠で7回目の通知を受け,9/20でXBB1.5対応ワクチンの接…

「16週は横ばい」は全国平均では言えるかもしれないが,九州四国ではまたリバウンド傾向に

新型コロナウイルス感染症第16週は,「全国平均で20人超で横ばい」としかニュースでは言われない。どうしてこう,マスコミは官僚の言いなりなのだろうか。分析力のカケラもない。少なくとも,県別に傾向を見れば,九州四国ではいったんピークアウトした後に…