jeyseni's diary

「ジェイセニ」と呼んでください。批判ではなく提案をするのが生き甲斐です。

新型コロナウイルス-ホワイト・ロックダウン

バブルはバブルだった--今からでも全会場,選手村に金網フェンスの設置を

新型コロナウイルスが無感染の状態を確保して,その中では安全安心な状態を作ることを,「バブル方式」と世の中では呼んでいる。筆者は「ホワイトロックダウン」「ホワイトゾーン」として1年前に提案していた ホワイト・ロックダウンの実施を - jeyseni's di…

もう一度,感染拡大の原因を追究し直すべきでは--駅,繁華街入口に「抗原検査の関所」設置を

筆者は,COVID-19の感染罹患がとにかく恐ろしいので,自らの行動を制限している。勤め先で全面的にテレワークを実施しているのは筆者1人だし,ワクチン接種も接種券配布の9日後に1回目,その23日後に2回目を終え,6月中に接種を完了した。その後の外出では,…

日本には「ワニ」がいます--いま、来ますか?

東京オリンピック2020まであと24日。新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。 選手を感染から守るために、バブルの徹底が指示されているが、正直、無理と思われる。 イギリスで始まったウインブルドンテニス大会もバブル方式で運用されるが、こちらは紳…

なし崩し感が残念--各国選手団続々来日

外国選手団 続々と到着 五輪開幕まであと26日 東京都内各地の様子は... (msn.com) 2021/6/27。先のオーストラリア,ウガンダに続き,シンガポール,ポルトガルが来日した。シンガポールの選手団は,中部国際空港に到着したらしい。関空も対象になるのだろう…

アルコール提供の“ルール破り”するなら自腹で抗原検査入店を

入店前の全員抗原検査で「酒の提供」「酒の要求」「酒の販売」を丸く収める - jeyseni's diary 2021/5/27 と書いた。政府に対策方針の変更することを提案した内容である。抗原検査の費用を政府が負担し,その代わり飲食店の営業の全面再開と,協力金の打ち切…

全席パーティション付きの映画館がようやく登場

全席に感染対策の映画館、本格オープンへ 埼玉県川口市のイオンシネマである。映像を見ると,隣の席との間に半円形のパーティションを設置し,必要に応じて上げたり下げたりできるようにする。筆者は,基本的に会話をしない劇場や映画館ではパーティションを…

入店前の全員抗原検査で「酒の提供」「酒の要求」「酒の販売」を丸く収める

3回目の緊急事態宣言,初の重点措置は,再延長になりそうである。緊急事態宣言で強めに人流を抑えたとされる東京が感染拡大を横ばいに,大阪がやや減少方向に向かっていることが一つの判断材料になっているようだ。 筆者は,アルコールの外飲みによって,複…

若者には抗原検査キット。ワクチン接種の遅れのカバーのために同時並行で実施すべき。

「大学でPCR検査」拡大、早大生も歓迎「対面授業やりやすくなる」 (msn.com) 早稲田大学,東京医療保健大学,近畿大学,千葉工業大学などが独自ないし政府のモニタリング検査を利用して,大規模なPCR検査を始めた。北里大学,京都工業繊維大学,秀明大学…

市中感染は,いわば「無差別攻撃状態」

イスラエルとシリアの間の空爆が止まらない。軍事施設だけでなく,一般民家にもロケット弾やミサイルが被弾,多くの方が亡くなっている。崩れ落ちた住宅と,その脇で泣き崩れる家族の姿が報道される。しかし,死傷者数は報道されても,亡くなった方の情報が…

鉄道会社と飲食店が交代。人流を抑える新たな対策を提案

3回目の緊急事態宣言の延長がほぼ決まったようである。筆者は,ただ延長しても意味がない,とコメントした 「緊急事態宣言」「蔓延防止等重点措置」を延長しても意味なし。公共交通機関の乗車時の全員抗原検査で対応 - jeyseni's diary (hatenablog.com) 202…

「緊急事態宣言」「蔓延防止等重点措置」を延長しても意味なし。公共交通機関の乗車時の全員抗原検査で対応

高齢ドライバーによる暴走事件がなくならない。「ブレーキを踏んだと思ったら,勝手にクルマが前に進んでいた」と,必ず証言する。もう聞き飽きた。その前に,周囲の人は「危険運転」を認識していたのではないか。 新型コロナウイルスの3回目の緊急事態宣言…

どの対策も中途半端な気がする

新型コロナウイルスの対策では,PCR検査による陽性者の確認,マスク着用による飛沫飛散の防止・軽減,手洗い・アルコール消毒による接触感染の防止,人と人との接触・接近を図るソーシャルディスタンシング,換気,積極的疫学検査による濃厚接触者の追跡調査…

やはり「山梨モデル」が現状ではベストと思われる

2021/4/11から5/11まで東京,京都,沖縄に蔓延防止等重点措置が適用された。1週間早く適用になった大阪,兵庫,宮城と同様,市単位での「重点的適用」となった。これによって,武蔵野市が適用,三鷹市が不適用となったことから,JR三鷹駅の北口側の武蔵野市…

山梨県を皮切りに「ホワイトゾーン」を拡大する構想

山梨県の「やまなしグリーン・ゾーン認証」が評判である。店舗の対策基準を具体的に提示,対策を県の職員が1軒ずつ審査,改善指導をしながら,審査合格店に認証マークを貼る。その後も抜き打ちの検査を行うとともに,利用客からの意見を簡単に送ってもらえる…

リーダー不在

新型コロナウイルスに対する最善策は,ワクチン接種である。ファイザー社のワクチンを待っている間に,第四波がやってきてしまった。変異ウイルスにより,増加速度が従来の倍となっているので,本来ならワクチン接種速度を倍にしないと間に合わないが,とて…

「cocoa」アプリにPCR検査済み発信機能を加えるアイディア

厚生労働省推薦の新型コロナウイルス濃厚接触アラートアプリ「cocoa」がほとんど意味がないことは、当初から指摘していた。感染確認者が自分が感染したことを匿名にしろ、公表しなければならないからだ。「自分が病気である」と積極的に公表する人はいない。…

バブル=ホワイト・ロックダウン。世界ハンドボール大会で効果確認

2021/1/13(水)~1/31(日) エジプトで開催された「第27回男子ハンドボール世界選手権」で,選手や関係者をホテル,バス,会場の3カ所のクローズ空間に行動制限する「バブル」と呼ばれる感染防止対策が取られたことを知った。3つのバブルの空間に出入りするた…

「Go Toトラベル」で精神的貧困層の劣悪マナーが露見

「Go To」キャンペーンは,今さらながらだれが何のために仕掛けたものなのだろうか。税金を使い,人を動かすことで,観光地への人の移動を増やし,現地の需要を喚起する,ということだったようだが,とんでもない人たちが観光地に訪れたようである。 まず,…

割引があるから行く,なくなったらキャンセルする,っていう根性が気に入らない

テレビ局各社のワイドショーがこぞって「勝負の3週間」の検証と,「Go Toトラベル」の12/28からの中止要請についての糾弾を行っている。 まず,「勝負の3週間」はマスコミの造語である。「この3週間が勝負の期間と認識している」という西村経済再生大臣の発…

病院への自衛隊看護グループ派遣

2020/12/7,旭川市の二つの病院で新型コロナウイルスの大型クラスターが発生した。看護師など50人が感染したことで,医療現場の崩壊寸前の状況が現実化し,旭川市が防衛省に対して災害時における自衛隊の支援要請を行った。12/8,看護官5人のチーム×2の10人…

正当な情報を見てほしいが,見ない

国民の良心に期待した新型コロナウイルス対策。自粛、マスク着用、ソーシャルディスタンシング。東京都の小池都知事はまた「5つの「こ」」などという語呂合わせで誰でもわかりやすいように、とでもいうような自粛アピールを始めた。 「三密」とか「新しい生…

移動をしたい人は,抗原検査キットで自宅で陰性を自己証明すべき

新型コロナウイルスに感染しているかどうかを検査するPCR検査。濃厚接触の疑いのある人や高熱などの症状がある人で,保健所に相談して検査をするように指示された場合は,国の負担で検査を受けられる。 PCR検査は,医療機関に行って鼻の奥の粘膜を綿棒で採取…

移動をしたい人は,抗原検査キットで自宅で陰性を自己証明すべき

新型コロナウイルスに感染しているかどうかを検査するPCR検査。濃厚接触の疑いのある人や高熱などの症状がある人で,保健所に相談して検査をするように指示された場合は,国の負担で検査を受けられる。 PCR検査は,医療機関に行って鼻の奥の粘膜を綿棒で採取…

「集中して」「強い」では絶対に感染拡大を防げない「3週間集中」措置

2020/11/25,新型コロナウイルス対策分科会は「感染拡大地域での飲食店の時短要請や、それ以外の地域との往来を控えるなど3週間集中して強い措置を求める」と提言した。「集中して」「強い」措置とは,何を持って定義するのだろうか。 筆者は,2020/5/2の段…

「集中して」「強い」では絶対に感染拡大を防げない「3週間集中」措置

2020/11/25,新型コロナウイルス対策分科会は「感染拡大地域での飲食店の時短要請や、それ以外の地域との往来を控えるなど3週間集中して強い措置を求める」と提言した。「集中して」「強い」措置とは,何を持って定義するのだろうか。 筆者は,2020/5/2の段…

「都民全員PCR検査」と久住医師。せめて第二波で提言できなかったか

新型コロナウイルスで多くの専門家がテレビのワイドショーで解説をされてきた。かなり初期の段階から出演され,わかりやすい解説をされているのが,ナビタスクリニック理事長の久住英二医師である。その久住医師の11/21のコメントを紹介したい。 神のみぞ知…

「都民全員PCR検査」と久住医師。せめて第二波で提言できなかったか

新型コロナウイルスで多くの専門家がテレビのワイドショーで解説をされてきた。かなり初期の段階から出演され,わかりやすい解説をされているのが,ナビタスクリニック理事長の久住英二医師である。その久住医師の11/21のコメントを紹介したい。 神のみぞ知…

感染県数が指数関数的に増加しているので,県単位でホワイト・ロックダウンを

2020年7月23日。これを書き始めた15時の1時間前に速報で,東京での新型コロナウイルス感染者数が360人台になる,という速報がテレビで流れた。 まず,「感染者」ではなく「PCR検査陽性確認者」であることを理解してほしい。そして,検査は「今日」ではなく「…

「陰性」アピールのために勇気を持ってフェイスシールド着用を

新型コロナウイルスの二次感染拡大が始まった,と素人的には判断したい。この中で,経済活動を続けつつ,感染拡大を阻止する方法を提案する。 「陰性に自信のある人はフェイスシールドを着用せよ」 現在の感染防止策として,「マスクの着用」「手洗い・消毒…

小池都知事の日替わり布マスクは使い捨て同然かも

2020年2~3月に使い捨てマスクが巷から消え,4月の全戸に布マスク配布宣言(いわゆるアベノマスク)で布マスクへの関心も高くなった。新型コロナウイルス感染拡大の当初から,使い捨て型の自作マスク以外に布マスクの自作方法の紹介もされていた。6月になっ…