jeyseni's diary

「ジェイセニ」と呼んでください。

不快な国,日本

「出る釘は打たれる」というのが日本のことわざだが,今の日本は「出る釘は誰にも打たれない」,さらに「出ない釘も抜かれる」のが政治の世界のようだ。ちょっと腹が立つので,すべて敬称略で書かせていただくことにする。

 オリンピック組織委員会会長だった森喜朗は,「ずっと出ていた釘」で,誰も逆らうことができなかった。後任となった橋本聖子は,自分からは出るつもりはなかったのに出されたところ,過去のハラスメント行為で後出しで足を引っ張られつつある。選考委員会が自民党の人間だけで構成されていておかしい,と小沢一郎は後出しで批判をしている。野党体質が身についてしまった。

 前首相の安部晋三もずっと出っ放しの釘で,誰も打つことができなかった。新型コロナウイルス対応を失敗したところで,タイミングよく持病の大腸炎が悪化してようやく引退。オリンピックを誘致し,年号を変更させ,首相在任の最長記録も更新した。森友問題,桜を見る会問題など,さまざまな不祥事もウヤムヤにしつつある。新型コロナウイルス禍で世間の目が自分に向いてこないことをいいことに,のんびり養生しているのだろうか。

 あとを引き継いだ形の菅義偉首相は,多数派の原理で首相になっただけで,自ら出ていかなかった形だが,保守本道を行くあまり,GoToキャンペーンの中止ができなかったり,オリンピックを予定どおり開催しようとするあまり,表舞台に引き出され,原稿棒読みだの揚げ足を取られている。

 野党もマスコミも,今何をすべきなのか,わかっているとは思えない。東京都を含む自治体と政府の意識の乖離も甚だしい。すべて足の引っ張り合い,揚げ足取りばかりである。

 医療の逼迫,飲食店の経営逼迫,観光業の経営逼迫。PCR検査はなかなか行われず,ワクチン接種も他国での結果を人体実験として待つことで開始が遅れ,結果として第1陣の4万人分の次がいつ届くのかわからないような,不利な契約をさせられている。後出しじゃんけんをしながら負けているという何とも情けない状況である。

 新型コロナウイルス禍にありながら,国民のことを何も考えずに,「議員のお仕事」とばかりに国会で時間を使い,銀座で飲み歩いている。頭を下げるだの,議員辞職するだの,そんなことはどうでもいい。本当にみんな辞めてしまっていいのではないか。

 こんな日本に住んでいる自分が情けない。政治家同士で「不快感」を言い合っているが,国民こそこんな政治に「不快感」を覚えていることを知ってほしい。